「北インド古典音楽と舞踊」at奈良市北部会館市民文化ホール7月7日 2019

日時:7月7日(日)
開場13:30 開演14:00
場所:奈良市北部会館市民文化ホール
入場料:500円 ※要予約
主催:チュムチュムマハル
【ご予約・お問合せ】
担当:稲葉  080-8514-7219
   鈴木  080-4238-2416
HP http://kathak-naach.com/
メールフォームでお問い合わせ


 出演者
■ 大久保達郎
サーランギ奏者
シタール奏者のアミット・ロイ氏に師事し、インド古典音楽を演奏。 弓奏楽器サーランギを専攻し研鑽している。
また、中世ヨーロッパで16世紀頃より続く古楽器ハーディーガーディーの演奏と製作を習得。

■ 藤澤ばやん
15歳で打楽器を始め、マーチングドラムを中心にラテン・クラシック楽器など様々な楽器の奏法を学ぶ。
’02年、ディネーシュ・チャンドラ氏からタブラの手ほどきを受け、’05年に渡印マタ・プラサード・ミシュラ氏からベナレススタイルのタブラを学ぶ。
帰国後はタブラ・打楽器奏者として活動しながら、ワールドミュージックイベントの企画者として京町家や寺社仏閣でのライブや講座を多数企画し、音楽の奥深さと楽しさを伝え続けている。

■ スワスティカ・ビンドゥ
20代で渡印した際にバラナシにてカタックに出会う。 以後、優雅で力強いカタック舞踊のとりことなり、インドのバラナシにてルパリ・バグジー師、コルカタにてマドミタ・ロイ師、そして現在デリーにてマムタ・マハラジ師に師事。 またインドの様々な文化やインド人の友好的な気質に触れ、深く共感。
カタックを通して、インド文化のすばらしさを日本に伝えることをライフワークとして活動している。
チュムチュムマハル主宰

●北インド宮廷舞踊
カタックカタックは古来ヒンドゥー教の語り部であった人々の舞踊劇が起源と言われていますが、中世以降はイスラム教のムガール帝国の宮廷舞踊として発展してきました。 ヒンドゥーの神に捧げる祈りの舞としての要素、そして王の目を楽しませる宮廷舞踊としての華やかで高い技術的な要素を併せ持った舞踊です。 またヒンドゥーの神話や神に対する祈りを表現する演技的な表現があったり、イスラム神秘主義スーフィーの旋回舞踊の影響を受けていたりします。 カタックは2つの文化が出会い、うまくよい要素が融合されてきた歴史的背景を持つ舞踊です。

●北インド古典音楽
北インドで主に演奏される即興性の高い音楽で、その源流は紀元前に記されたヴェーダという聖典にあると言われます。 宗教音楽・宮廷音楽として寺院や王宮の庇護を受け発展し、現在では庶民にも広く受け入れられインドだけでなく世界中で楽しまれています。 北インド古典音楽は決まった「曲」がなく、独特の雰囲気・香り・感情や演奏すべき時間帯を持つ「ラーガ」を即興で演奏します。 主奏者は数ある中からその場に応じたラーガを1つ選択して演奏します。 演奏は主奏者のソロ演奏「アーラープ」から始まり、スローテンポのタブラが加わり、次第に速く激しくなっていきムードが最高潮に達した時、最高速のリズムで終えんを迎えます。

2019年4月14日インド舞踊“カタック”ワークショップ開催【鑑賞と体験会】


■ワークショップ鑑賞と体験会
インド宮廷舞踊カタック ワークショップ(鑑賞と体験会)を行います。
インド特有のオリエンタルで優雅な動き、エキゾチックな衣装、リズミカルなステップなどが楽しめます。
ヨガの精神にも通じる心と身体の動きの調和、姿勢や骨格の改善も期待出来ます。
日時 : 2019年4月14日 13時30分より (13時開場)
場所 : チュムチュムマハル (奈良市佐紀町2138ー5)
参加費: 1000円 (チャイ付き)
※ 要予約
講師 :スワスティカ・ビンドゥ

■カタック体験クラス(2回)

日時 : 4月27日(土) 4月23日(火)
場所 : チュムチュムマハル (奈良市佐紀町2138ー5)
参加費: 一日500円 (チャイ付き)
※ 要予約
講師 :スワスティカ・ビンドゥ
○体験クラスでは踊っていただきますので動きやすい服装、ギャザーやフレアーなどのひらひらと開くスカート、クルタなどインド服をお持ちなら持ってきて下さい。
○素足になりやすい靴下でお越し下さい。
○水分補給できる物をお持ち下さい。

参加される方は予約をお願いします
【メールフォームでのお問合せ・御予約】

【電話でのお問合せ・御予約】10:00〜18:00に受付いたします。
080-3819-4039 奈良アーユルヴェーダスクール
080-8514-7219 アーユルヴェーダサロン楓 稲葉

★駐車場が限られております。
お車でお越しの祭はその旨をお知らせ下さい。

奈良 多文化共生音楽祭2018(6月9日)


2018年6月9日(土曜日)
開演 13時00分 (開場12時30分)
会場 学園前ホール (奈良市西部会館市民ホール)
入場料 前売り 2,000円 (当日 2,500円)
チケット予約・販売 0742−46−9601 (チョウタリィの会)

アラブ音楽、インド音楽、西洋音楽
フルート・ピアノ・シタール・タブラ・タンブーラ・ギター・ウード・ヴァイオリン・レクの演奏
世界の多様な音楽文化や他国の人々の暮らしを知ることにより、それらの国々の文化や生活についての理解を深め共に生きることが出来る多文化共生社会の実現を目的とします。

2018/7/14インド舞踊カタック体験会

参加される方は予約をお願いします。→メールフォーム予約
時間:14:00〜16:00
場所:チュムチュムマハル(奈良市佐紀町2138-5)
講習料:500円(チャイ付き)

★駐車場が限られております。
お車でお越しの祭はその旨をお知らせ下さい。

○体験会では踊っていただきますので動きやすい服装、ギャザーやフレアーなどのひらひらと開くスカート、クルタなどインド服をお持ちなら持ってきて下さい。
○素足になりやすい靴下でお越し下さい。
○水分補給できる物をお持ち下さい。

七夕によせて、インド古典音楽と舞踊 奈良市音声館 7月7日/2018

インド古典音楽と舞踊ライブフライヤー

■場所:奈良市音声館
■日時:2018年 7月7日 土曜日 13:30開場 14:00開演
■入場料:500円
■要予約 予約フォーム
■出演
●インド古典音楽
シタール
・岩下洋平

タブラ
・藤澤ばやん

●インド古典舞踊
・スワスティカ・ビンドゥ
カタックスタジオ“チュムチュムマハル”ダンサー
・Maki・Mako・Miho・Rui・Yumi

【御予約・お問合せ】 10:00〜18:00に受付いたします。
080−3819−4039
奈良アーユルヴェーダスクール
080−8514−7219
アーユルヴェーダサロン楓 稲葉

お問い合わせフォーム

氷室神社 奉納 インド古典音楽と舞踊 2018年5月20日(日)


興福寺東山鎮守 氷室神社
インド神話の時代に起源を持つ古典音楽とヒンドゥーの巫女舞である祈りの踊りを捧げます
インドの芸能は、みな神に通じるものです。 古典音楽は即興で演奏され、平安な感情を生み出し梵我一如を追求します。 南インド舞踊“バラタナティヤム”はデヴァダシと呼ばれる巫女がヒンドゥー寺院で奉納する神への「祈りの踊り」です。 そして北インド舞踊“カタック”は古来ヒンドゥー教の語り部であった人たちの舞が、中世イスラム教のムガル帝国の宮廷舞踊として取り入れられたものです。 インドからの「神を思う心・祈り」を由緒ある奈良氷室神社、 興福寺東山鎮守、 南都七郷の産土神に奉納します。

日時:2018年5月20日(日)2時より 【入場無料】

出演
■インド舞踊
バラタナティヤム マユリ・ユキコ
カタック スワスティカ・ビンドゥ
カタックスタジオチュムチュムマハルダンサー
・Maki
・Mako
・Miho
・Rui
・Yumi
■インド古典音楽
タブラ : 藤澤ばやん
バンスリ : Nakaguchi Gumi

インド舞踊【カタック】ワークショップ2018年3月24日

日時: 2018年3月24日(土曜日) 14時より (13時30分開場)
場所 チュムチュムマハル (奈良市佐紀町2138ー5)
参加費 1000円 (チャイ付き)
※ 要予約
内容 インド・カタック舞踊の鑑賞と体験
講師 スワスティカ・ビンドゥ

【同時開催】 4回連続 カタック体験クラス(4回3000円)
火曜日 10:30〜
①4月3日 ②10日 ③17日 ④24日
土曜日 10:30〜
①3月31日 ②4月7日 ③14日 ④21日

お問合せ・御予約
radhakrishna

電話
:0742-35-5365
:090-3846-8468

インド舞踊【カタック】ワークショップ2017年4月

日時: 2017年4月15日 13時30分より (13時開場)
場所 チュムチュムマハル (奈良市佐紀町2138ー5)
参加費 1000円 (チャイ付き)
※ 要予約
内容 インド・カタック舞踊の鑑賞と体験
講師 スワスティカ・ビンドゥ
【同時開催】 4回連続 カタックワークショップ(4回3000円)
火曜日 10:30〜
①4月18日 ②25日 ③5月 9日 ④16日
水曜日 17:30〜
①4月19日 ②26日 ③5月10日 ④17日
土曜日 10:30〜
①4月22日 ②29日 ③5月13日 ④20日

お問合せ ・ 御予約
radhakrishna

電話
:0742-35-5365
:090-3846-8468
201705WS表201705WS裏

カタックに使うヒンディー語

ターラ ・・・・・リズム

ラーガ ・・・・・旋律 ティンタール ・・16拍のリズム

周期 テカ ・・・・・・基本のリズムパターン

〜ティンタールの場合〜

ダー ディン ディン ダー

ダー ディン ディン ダー

ナ  ティン ティン タ

タ  ディン ディン ダー

ヒンディー語の数字

エク(1) ドー(2) ティン(3) チャール(4)

パンチ(5) チェ(6) サート(7)アット(8)

ノン(9) ダス(10) ギャラ(11) バラ(12)

デラ(13) チョウダ(14) パンドラ(15) ソーラ(16)

サム ・・・・・・1拍め インド音楽では1拍めで合うように計算されていて強調される。                             カタックでは1拍めで静止することが多い。

ボル ・・・・言うこと リズムパターンを踊る前に言う

トゥクラ ・・・簡単なリズムパターン

タタカール ・・フットワーク(タップ)

ハスタック ・・手による表現

ムドラ ・・・・指による表現 印

チャクラ ・・・旋回

プラナーム ・・あいさつ、敬意

タブラ ・・・・北インドの打楽器

シタール ・・・北インドの弦楽器

グングル ・・・足に巻く鈴